Kuroda Software Service
デバッグ実行
  [サイトマップ]

コンテンツ内メニュー

表示モード 全項表示  部分表示



マークの色と認証の関係

一般公開

無料認証

購入認証


認証についての説明

無料アカウント作成フォーム

有料ページ購入フォーム


ほかのコンテンツトップページ


Freeware Guide
Freeware Guide

デバッグ実行

HTABOXクイック用HTMLはHTABOXコアを使ってデバッグできます。

         HTABOXクイックはHTABOXコアで開発されたEXEファイルです。

HTABOXクイックはHTABOXコアがHTML駆動からJS又はVBS駆動へ変更されたことにより、HTML中スクリプトで動作を記述する形式の開発をサポートする別環境として開発されましたが、HTABOXクイック自体はHTABOXコア上のスクリプトで記述されています。

したがってHTABOXクイック内部に格納されたHTMLファイル中のスクリプトにはHTABOXコアと等価なWIN32オブジェクトが提供されています。アプリケーションメニュー、ポップアップメニューはWIN32オブジェクトが提供する機能のほんの一端でしかありません。

● HTABOXクイック用HTMLのデバッグ実行

格納後のHTMLインスタンスへ提供されるWIN32オブジェクトはHTABOXコアをレジストリ登録することにより取得可能です。したがって格納前にWIN32オブジェクトを呼び出すデバッグが可能となります。HTABOXコアについてはHTABOXシステムをご覧ください。JScrptでの例を示します。

<html>

<head>

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">

<meta name="GENERATOR" content="Microsoft Visual Studio .NET 7.1">

<meta name="vs_targetSchema" content="http://schemas.microsoft.com/intellisense/ie5">

<title>HTABOX Quick Debug</title>

</head>

<body>

<input type="button" value="TEST" onclick="main()">

<script language="jscript" runat="hide">

//#define var //

var WIN32 = new ActiveXObject("HTABOX.Application");

//#undef var

function main()

{

    WIN32.MsgBox("Hello HTABOX");

}

</script>

</body>

</html>

上記HTMLはHTABOXコアがレジストリ登録されていればWIN32.MsgBox関数で文字列を表示します。また、格納後も同一の動作となります。ここでのポイントは独自に導入された#define命令です。

格納後の実行でHTABOXクイックは</head>タグ直後にスクリプトタグを挿入してWIN32の宣言を行いますから上記ソースコードのActiveXObject行を無効化する必要があります。#define命令は格納後の実行でソースが評価される前に第1オペランド"var"を第2オペランド"//"に置き換える効果があります。したがって格納後の実行ではActiveXObject行が単なるコメントとして処理されエラーを回避できます。現在の仕様では置き換え宣言を解除する#undef命令とペアでなければならない事にも注意してください。次にVBScriptでの例を示します。

<html>

<head>

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">

<meta name="GENERATOR" content="Microsoft Visual Studio .NET 7.1">

<meta name="vs_targetSchema" content="http://schemas.microsoft.com/intellisense/ie5">

<title>HTABOX Quick Debug</title>

</head>

<body>

<input type="button" value="TEST" onclick="main()">

<script language="vbscript" runat="hide">

'#define dim '

dim WIN32: set WIN32 = CreateObject("HTABOX.Application")

'#undef dim

function main()

    WIN32.MsgBox("Hello HTABOX")

end function

</script>

</body>

</html>

 

 

 

お問い合わせ
©クロダ ソフトウェア サービス programmed by hidebou