Kuroda Software Service
MSWORDのスタイルとは
  [サイトマップ]

コンテンツ内メニュー

表示モード 全項表示  部分表示



マークの色と認証の関係

一般公開

無料認証

購入認証


認証についての説明

無料アカウント作成フォーム

有料ページ購入フォーム


ほかのコンテンツトップページ

MSWORDのスタイルとは

WORDの段落スタイルをHTMLという観点から分析します。

● ワードが嫌いになる理由

 

長い間、MSWORDはOFFICEファミリーの中で最も使えないプログラムだと思っていました。その最大の要因が段落スタイルの管理です。段落スタイルは、デフォルトでベースとなる「標準」属性を引き継ぎますから「本文」をある程度書き進め、文中にあるどこかの標準段落を中央揃えにしただけで、頼みもしないのに文章全体を中央揃えにします。これを個々の本文段落を左揃えにすることで解決しようとすると、もはや似て非なるスタイルが自動生成され、プログラムでもないのに手が付けられないスパゲティー状態となるのです。このスパゲティー状態を既定スタイルとしてNormal.dotに保存してしまったら、誰でもMSWORDは2度と見たくないソフトになるでしょう。

 

● 継承スタイルとの決別

 

Noamal.dotとは無関係に、クリーンなスタイルのドキュメントを作成する手法を紹介します。

 

メモ帳で新規にテキストを作成し拡張子HTMで保存します。中身は空でかまいません。

 

作成したHTMLファイルをMSWORDで開きます。標準、見出し1、見出し2、見出し3、本文、本文2についてスタイルを設定します。この時標準以外のスタイルは、デフォルトで継承元となっている標準スタイルを「なし」にするのがポイントです。スタイル設定が終わったら編集中のドキュメントを「フィルター後のHTML」で保存します。このHTMLファイルをメモ帳で開き内容を確認します。すべてのスタイルは、見慣れたCSSで表現されていることに気づきます。

 

        <html>

        <head>

        <meta http-equiv=Content-Type content="text/html; charset=shift_jis">

        <meta name=Generator content="Microsoft Word 10 (filtered)">

        <style>

        <!--

        /* Font Definitions */

        @font-face

            {font-family:"MS 明朝";

            panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4;}

        @font-face

            {font-family:"MS ゴシック";

            panose-1:2 11 6 9 7 2 5 8 2 4;}

        @font-face

            {font-family:Century;

            panose-1:2 4 6 4 5 5 5 2 3 4;}

        @font-face

            {font-family:"\@MS ゴシック";

            panose-1:2 11 6 9 7 2 5 8 2 4;}

        @font-face

            {font-family:"\@MS 明朝";

            panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4;}

        /* Style Definitions */

        p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal

            {margin:0mm;

            margin-bottom:.0001pt;

            text-align:justify;

            text-justify:inter-ideograph;

            font-size:10.0pt;

            font-family:"MS ゴシック";}

        h1

            {margin:0mm;

            margin-bottom:.0001pt;

            page-break-after:avoid;

            font-size:16.0pt;

            font-family:"MS ゴシック";}

        h2

            {margin:0mm;

            margin-bottom:.0001pt;

            page-break-after:avoid;

            font-size:14.0pt;

            font-family:"MS ゴシック";}

        h3

            {margin:0mm;

            margin-bottom:.0001pt;

            text-align:justify;

            text-justify:inter-ideograph;

            page-break-after:avoid;

            font-size:12.0pt;

            font-family:"MS ゴシック";}

        p.MsoBodyText, li.MsoBodyText, div.MsoBodyText

            {margin:0mm;

            margin-bottom:.0001pt;

            text-indent:5.0pt;

            line-height:150%;

            font-size:11.0pt;

            font-family:"MS ゴシック";}

        p.MsoBodyText2, li.MsoBodyText2, div.MsoBodyText2

            {margin:0mm;

            margin-bottom:.0001pt;

            text-align:center;

            line-height:150%;

            font-size:11.0pt;

            font-family:"MS ゴシック";}

        p.MsoBodyText3, li.MsoBodyText3, div.MsoBodyText3

            {margin:0mm;

            margin-bottom:.0001pt;

            font-size:9.0pt;

            font-family:"MS ゴシック";}

        p.MsoPlainText, li.MsoPlainText, div.MsoPlainText

            {margin:0mm;

            margin-bottom:.0001pt;

            text-align:justify;

            text-justify:inter-ideograph;

            font-size:10.0pt;

            font-family:"MS ゴシック";}

        /* Page Definitions */

        @page Section1

            {size:595.3pt 841.9pt;

            margin:99.25pt 87.65pt 30.0mm 87.65pt;

            layout-grid:18.0pt;}

        div.Section1

            {page:Section1;}

        -->

        </style>

        </head>

        <body lang=JA style=''>

        <div class=Section1 style=''>

        <p class=MsoBodyText3><span lang=EN-US>&nbsp;</span></p>

        </div>

        </body>

        </html>

 

上記HTMLをもう一度MSWORDで開き、適当な名前の拡張子DOCとして保存し、必要であれば読み取り専用属性を付加します。このDOCをドキュメント作成の起点とすればスタイル地獄に陥ることはありませんし、HTMLで保存しCSS表記で現在のスタイルを確認できることを理解できれば、逆にCSSを手動で記述したHTMLを読み込ませることでMSWORD上の操作によらず、ソースコードでスタイルを完全にコントロールできることに気づくはずです。

 

 

お問い合わせ
©クロダ ソフトウェア サービス programmed by hidebou