Kuroda Software Service
MIASAサービス
  [サイトマップ]

コンテンツ内メニュー

表示モード 全項表示  部分表示



マークの色と認証の関係

一般公開

無料認証

購入認証


認証についての説明

無料アカウント作成フォーム

有料ページ購入フォーム


ほかのコンテンツトップページ

MIASAサービス

MIASAサービスとは

MIASAとは「Medical information analysis system for ambulances」つまり、救急隊用医療情報分析システムの頭文字をとった名称です。また、「ミアサ」という音は女性の名前のようでもあり、救急関係者の方々から愛される存在になりたいという想いを込めました。

 

MIASAは私自身が消防職員として27年間勤務した経験を元に設計し、2年間鶴岡市消防本部において実働試験を行っております。また、クラウドサービスとすることによってパッケージとして販売するコストを削減し、救急隊長個人が自己隊の情報を分析できるリーズナブルな価格を実現しています。オンライン上でサーバーが関与するのはアカウント認証動作のみです。すべてのデータ処理はクライアント側コンピューター内で完結しますから、データ漏洩等の心配は一切ございません。

 

MIASAの設計思想はその名のとおり従来の「統計のための統計」ではなく、最小限の労力とコストとで医療情報分析を行うと同時に、正確な救急統計を出力します。その原理はいたって単純で、必須となっている消防庁への報告用形式データから、任意な抽出条件で内部コードを日本語化したデータを出力し、必要であれば国表統計、月報統計を演算するものです。出力されたデータをEXCELやACCESSで処理していただければ、グラフ化や高度な分析が可能ですから業務にフィードバックできる情報となります。

 

消防庁への報告用形式データをもとに、救急統計用データを一元化する事は将来的な意味もあります。現在は従来の国表統計を出力するに足りる項目しか必須とはなっていませんが、救急業務の高度化に伴い確実に必須項目は増加するものと考えられます。もし、独自のデータ作成ソフトを用いていた場合、入力項目の追加は既存ソフトの大規模な改修を必要とするでしょう。それが外注のものであればかかる費用も莫大なものとなります。

 

◎ 従来のデータ処理例 2重にデータを作成しているケース

2重にデータを作成する労力が必要で、公式発表値が一致しない可能性があります。

 

◎ 従来のデータ処理例 独自データを作成しコンバートしているケース

独自データは最低限の統計項目なので詳細なデータを分析できませんし、必須項目が増加した場合ソフトウェアの改修にコストがかかります。

 

● MIASAサービスを活用したケース

消防庁オフラインソフトをデータ作成に使用し、700項目以上の詳細なデータを保存することができ、任意な期間、任意な救急隊、任意な項目を選択してのデータ作成が可能ですから、実務に活用できる情報の分析、グラフ化が可能です。

 

使う側と作る側のざっくばらんなコミュニケーションから、真に使い易いフトウェアは生まれると痛感しております。私自身、救急事案の情報処理がいかに煩雑で労力を消耗するものかを体験しておりますので、お気兼ねなくお問い合わせください。

 

Kuroda Software Service 代表 黒田 英之

 

お問い合わせ
©クロダ ソフトウェア サービス programmed by hidebou