Kuroda Software Service
変換データの表示
  [サイトマップ]

コンテンツ内メニュー

表示モード 全項表示  部分表示



マークの色と認証の関係

一般公開

無料認証

購入認証


認証についての説明

無料アカウント作成フォーム

有料ページ購入フォーム


ほかのコンテンツトップページ

変換データの表示

生成されたCSVファイルは即座に表示、確認が可能です。

データ変換が行われた場合、出力フォルダに指定されたフォルダに「事案.txt」「患者.txt」「事案.csv」「患者.csv」が生成されます。拡張子txtとcsvの違いはデータがカンマ区切りにされているかどうかであり、内容は同一です。

 

出力されたファイルをEXCELやACCESS等のアプリケーションで開くのが本来の使い方ですが、HTMLページ中のテーブルとして確認表示する機能があります。メインウインドウ下部にある「事案データ表示」または「患者データ表示」をクリックすると、出力されたCSVファイルをデータバインドによりテーブルとして表示します。このテーブルの1行目をクリックするとデータを昇順、降順に切り替えることもできます。

 

 

お問い合わせ
©クロダ ソフトウェア サービス programmed by hidebou