Kuroda Software Service
操作説明
  [サイトマップ]

コンテンツ内メニュー

表示モード 全項表示  部分表示



マークの色と認証の関係

一般公開

無料認証

購入認証


認証についての説明

無料アカウント作成フォーム

有料ページ購入フォーム


ほかのコンテンツトップページ

操作説明

MIASAサービスの設定と操作は簡単です。

setup.xmlをプログラムのフォルダにコピーする必要がある事に留意してください。

ダウンロードと購入

 

1.      本コンテンツの『ダウンロード』ページからMiasa.zipをダウンロードしてください。
ダウンロードページを表示するためには会員アカウントが必要です

2.      ダウンロードしたMiasa.zipをすべて展開(解凍)するとMiasaフォルダが生成されます。任意な位置へMiasaフォルダを置いてください。このフォルダに救急オフラインソフトで使用しているsetup.xmlファイルをコピーして置いてください。
フォルダ名は自由に変更してかまいません
MIASAサービスは当該フォルダのMiasa4.exeを実行することで起動しますが、購入手続きが完了していない場合認証に成功しません。

3.      本コンテンツの『購入ページ』をご覧になると、購入フォームが表示されます。事前に消防本部コード、救急隊コードをご用意ください。
消防本部コード、救急隊コードは救急オフラインソフトのsetup.xmlに記載されていますのでメモ帳等で確認できます

4.      購入手続きが完了すると、当方から振込先を記載したメールが届きますのでメールに記載されたお客様登録コードを振込名義人の頭につけてお振込いただきます。
当方でMIASAサービスを利用可能に設定し、メールを差し上げます。

 

起動方法

 

1.      Miasa.zipを解凍したフォルダにあるMiasa4.exeを実行してください。フォルダオプションからファイルの拡張子を表示する設定にすれば間違いがありませんが、Miasa4.htmとMiasa4.jsmaというファイルも存在しますのでお間違えのないようにお願いします。

2.      起動すると認証ダイアログが表示されますので、会員アカウントのユーザー名とパスワードを入力してください。



認証が行われると操作画面が表示されます。

このときsetup.xmlファイルの存在を確認します。存在しない場合はsetup.xmlが無い旨の警告ダイアログが出ますので、Miasa4.exeがあるフォルダにコピーしてください

操作方法

MIASAサービスの操作はいたって簡単ですが、データ処理の流れをご理解していただかないと混乱する可能性がありますので処理の流れを図で示します。

 

入出力フォルダについて

 

「救急オフラインソフト」で出力したXMLファイルがあるフォルダを指定します。サブフォルダがある場合は、自動的にXMLファイルがあるかを検索して操作対象とします。出力フォルダは変換データファイル、統計結果ファイルを出力するフォルダです。省略した場合は本プログラムがあるフォルダに出力されます。

 

開始年月日と終了年月日について

 

操作の対象となる年月日を決定してください。開始年月日から終了年月日の間にあるデータが操作対象となります。終了年月日が開始年月日より前である場合はエラーとなります。

 

救急隊指定について

 

このコントロールを操作する時にsetup.xmlが確認され契約救急隊番号から救急隊名が決定されます。複数の救急隊番号を契約している場合「総ての救急隊」を選択すれば全救急隊のデータが対象となります。

 

動作とオプションについて

 

データ変換は、指定条件に合致するデータを出力フォルダにTEXT形式とCSV形式で出力するものです。項目選択ダイアログが表示されますので、必要な項目にチェックを入れてOKボタンをクリックすることになります。

救急統計は統計様式選択ダイアログでチェックされた統計を行い、出力フォルダにHTML形式で出力するものです。この時、様式毎に必要とされた項目はデータ変換動作と同じようにCSVファイルとして出力されていますから、統計結果に疑問を持った場合、即座に根拠となったデータを確認することができます。

 

重篤を死亡と扱う

 

国表統計には「重篤」という傷病程度が存在しません。このチェックがオンの場合重篤を死亡と扱います。オフの場合重篤は重症と扱います。

 

覚知は入電を優先

 

国表統計には覚知という概念しか存在しません。このチェックがオンの状態でデータに入電時刻が存在した場合、覚知時刻として扱います。結果として現場到着所要、病院到着所要の時間が覚知時刻を起点としたものより長くなることに注意してください。

 

CPU占有率

 

MIASAサービスは極めて高速にデータ処理を行いますが、大量のデータを処理する場合、CPU占有率を抑えて、同時に別の作業を行う目的で存在するオプションです。このオプションは動作の途中で設定する事も可能となっています。

 

お問い合わせ
©クロダ ソフトウェア サービス programmed by hidebou