Kuroda Software Service
JScript再入門
  [サイトマップ]

コンテンツ内メニュー

表示モード 全項表示  部分表示



マークの色と認証の関係

一般公開

無料認証

購入認証


認証についての説明

無料アカウント作成フォーム

有料ページ購入フォーム


ほかのコンテンツトップページ

JScript再入門

Jscript再入門にあたっての基本的な知識とガイドライン

本コンテンツの有料ページアカウントの料金は価格は月額105円です。購入はページ左の「有料ページ購入」または、直接購入認証ページを表示することで行えます。

 

● はじめに

 

現実世界において、独りの人間が手作業でなしえる仕事量というのは物理的な制約を受けます。2倍の成果を得るためには2倍の労働時間が必要となります。しかし、情報処理という分野でプログラミングを導入すれば独りの人間が1000人、10000人分の仕事を平然とこなすことが可能となります。

 

確かにプログラミングを学習するということは楽しいばかりではなく、自身の精神力の限界を試されたり、非公開な情報を手探りで検証しなければならないような苦しい局面に遭遇することもあります。しかし前述のように、人力に頼った場合のコストを考えると、莫大なリソースをソースコードで代替することができる能力を得ることなのです。

 

● Windows上の開発で必要にして十分な言語セットとは

 

どんな開発言語でもその誕生には理由がありますが、5年10年と使い続けられているかを見定めて学習する必要があります。このサイトでは、Windows上でのプログラミングをより抽象的な観点から俯瞰し、2つの言語さえ習得すればWindowsOS上であらゆる事が可能であると結論付けます。
   既存のCOMを扱う用途のJScript
   既存COMで実現できない機能を持ったCOMを開発するC++

● VBScriptとJScript

 

JScriptはその誕生からIDispatchExオブジェクトを操作する言語として設計されました。IDispatchを操作するために設計されたVBScriptとはこの点で決定的な違いを見せます。両者の違いはIDispatchExとIDispatchの違いそのもです。単純に表現すれば既存IDispatchExインスタンスへ新たなインスタンスを動的に追加できるのがJScriptであり、できないのがVBScriptです。

 

JScriptは上記機能を実現するため、左辺を評価するたびにそれがIDispatchExであるかを確認しているはずです。したがってこの柔軟性は、動作速度を犠牲にしてなりたっています。もし、実行速度を優先するならVBScriptでの記述を検討する余地があるのはこのためです。

 

● HTAとWSHとJSC

 

JScriptはHTML中のJavaScriptとして記述できます。そしてHTMLファイルの拡張子をHTAに変更し、mshta.exeの引数として実行するのがHTAです。この場合HTMLで科せられるセキュリティー制約はありません。

 

JScriptは拡張子JSのファイルとしてwscript.exeまたはcscript.exeの引数として実行することができます。

 

JScriptは拡張子JSのファイルとしてjsc.exeで.NET共通ランタイム上で動作するEXEファイルへコンパイルすることが可能です。

 

お問い合わせ
©クロダ ソフトウェア サービス programmed by hidebou