Kuroda Software Service
JScriptのIDEデバッグ
  [サイトマップ]

コンテンツ内メニュー

表示モード 全項表示  部分表示



マークの色と認証の関係

一般公開

無料認証

購入認証


認証についての説明

無料アカウント作成フォーム

有料ページ購入フォーム


ほかのコンテンツトップページ

JScriptのIDEデバッグ

VisualStudio2003を例にJScriptのIDEデバッグついて説明しています。

● IDEデバッグの意味

 

JScriptはメモ帳で編集できまますし、Microsoft Script Debuggerでデバッグ可能です。しかしこのデバッグは、実行中のスクリプトインスタンスを後から捕捉してデバッグする手法となります。Microsoft OfficeがインストールされていればVisualStudioのようなIDEを持ったMicrosoft Script Editorがデバッガとして起動されますが実行前にコンパイルエラーを確認することはできません。

 

.NET環境ではJScriptjsc.exeで共通ランタイム上で動作するEXEファイルへコンパイルできます。コンパイルオプションに/fast-(高速化拒否)を指定すればWSH用のソースも問題なくコンパイルできます。JScript.NETを扱うためにjsc.exeをしようしているのではなく、通常の開発言語環境のようにコンパイルエラー箇所をすばやく修正し、F9でブレークポイントを設定したデバッグを実現するためにjsc.exeを使っていることに留意してください。

 

お問い合わせ
©クロダ ソフトウェア サービス programmed by hidebou