Kuroda Software Service
ポップアップメニュー
  [サイトマップ]

コンテンツ内メニュー

表示モード 全項表示  部分表示



マークの色と認証の関係

一般公開

無料認証

購入認証


認証についての説明

無料アカウント作成フォーム

有料ページ購入フォーム


ほかのコンテンツトップページ

ポップアップメニュー

ポップアップメニューはID="POPUP"のTABLEタグで実現できます。

         ポップアップメニュー

アプリケーションウインドウを右クリックした場合に、表示されるメニューを定義することができます。ただしこのメニューを定義した場合、アプリケーションウインドウに対する右クリックとSHIFT + F10操作はすべて、メニューに対する操作としてキャプチャされるので注意してください。

● 下記HTMLソースはPopup.htmとしてサンプルフォルダに存在します。

<html>

<head>

<hta:application id="HTA" icon="icon.ico">

<meta name=vs_targetSchema content="http://schemas.microsoft.com/intellisense/ie5">

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">

<title>Popup</title>

</head>

<body>

<table id="POPUP">

  <tr>

    <td>終了</td>

    <td>Hello</td>

  </tr>

  <tr>

    <td onclick="window.close()">終了</td>

    <td onclick="hello()">hello</td>

  </tr>

</table>

</body>

</html>

● 下記JScriptソースはPopup.jsとしてサンプルフォルダに存在します。

var WIN32;

//#define WIN32 //

WIN32 = new ActiveXObject("HTABOX.Application");

WIN32.ScriptFullName = WSH.ScriptFullName;

//#undef WIN32

var DIR = WIN32.GetScriptDirectory();

var HTA  = WIN32.CreateHtaWindow(DIR + "\\popup.htm");

var SCR  = HTA.Script;

var HWND = HTA.FraHwnd;

SCR.WIN32 = WIN32; HTA.BuildMenu();

function hello()

{

    SCR.alert("Hello World");

}

SCR.hello = hello;

HTA.Show(); WIN32.WiteForWindowVisible(HWND);

WIN32.MsgBox("正常終了");

         popup.jsの解説

前頁『アプリケーションメニュー』との相違は、ごく僅かです。ID="POPUP"のTABLEタグはポップアップメニュー定義と認識されます。またアプリケーションメニューとポップアップメニューを同時に使用しても、なんら問題は生じません。

 

お問い合わせ
©クロダ ソフトウェア サービス programmed by hidebou