Kuroda Software Service
D-NETBOX(Japanese)
 

コンテンツ内メニュー

表示モード 全項表示  部分表示



マークの色と認証の関係

一般公開

無料認証

購入認証


認証についての説明

無料アカウント作成フォーム

有料ページ購入フォーム


ほかのコンテンツトップページ

D-NETBOX(Japanese)

D-NETBOX

l         D-NETBOXとは
 D-NETBOX(ディーネットボックス)は.NET(ドットネット)開発環境で生成されたアセンブリファイルをネイティブEXEとして配布するためのツールです。 エントリーポイントのあるEXEと複数のDLLを格納し実行することができます。
 ※
ただし試用版は格納バイト数に制限があります。

試用版ダウンロード dnetbox.zip

l         D-NETBOXの背景
 .NET開発環境は簡単にアプリケーションを作成できますが、原理的に次の問題を解決することができませんでした。

1.      実行するコンピューターに.NETランタイムがインストールされていない場合システムエラーで停止 してしまいます。また、.NETランタイムがインストールされている場合でも希望するCLRバージョンを 確実に指定することができません。

2.      アセンブリファイル(EXEDLL)は逆コンパイルが可能で、ソースコードを読みにくくする手法しかありません。ソースが読み解かれることはアプリケーションの開発を業とするものにとって致命的な損失となります。

l         D-NETBOXの動作原理
 D-NETBOXはネイティブアプリケーションです。マネージコードを一切使用しておりませんからCLRを必要とせずあらゆるWindowsPCで起動します。

 D-NETBOXはコンピューターのレジストリを読んで.NETのバージョンを識別します。その後、指定のCLRを取得し内部にマネージ環境を生成します。

 D-NETBOXは格納されたアセンブリデータをメモリ上でインスタンス化して実行します。また、アセンブリ同士の参照要求が発生した場合にこれを解決します。

 

©クロダ ソフトウェア サービス programmed by hidebou